大豊資材工業株式会社

011-781-3932

受付時間:7:00~17:00

先輩からの言葉

お客様に喜ばれる
営業マンを目指し

営業部

紺野 修平

2015年入社/北海学園大学卒業

紺野 修平

私は入社3年目を迎え、今年度より営業部二課に所属しております。
現在の営業部は、3名の管理者のもと、私を含む12名の営業課員が営業一課・二課に分かれ組織されております。
弊社の営業は、ルート営業を基本とし、営業課員一人当たり30~50社の得意先を担当しています。
営業1年生の私は、専任担当先を持たずに、上司・先輩社員に同行させてもらい、お客様の事務所や施工現場等への訪問活動が中心です。
業界知識や専門知識の浅い私に対して、お客様から教えて頂けることが多く、新しい発見や貴重な経験をさせて頂いています。
しかしながら、自分の力不足による不備でお客様や会社へ迷惑をかけてしまうこともある為、少しでも多くのことを経験し、一日でも早く皆様へ恩返しをできればと思っています。
まだ営業として駆け出しで、圧倒的に経験不足ではありますが、その中でもお客様との面談において、営業職の一番の面白さは『様々な人々との対話』にあると感じております。
上司・先輩社員の営業を目の当たりにし、ただ商品を売りに行くのではなく、色々な情報交換や提案営業、時には仕事とはかけ離れた雑談などを織り交ぜながらも、確実にお客様との距離感が縮まっていく姿を教えられています。
まだまだ半人前ではありますが、先輩社員やお客様に教えて頂き、支えて頂きながらも少しずつではありますが、日々、成長していることを感じています。
一日でも早く、目標である『お客様に喜ばれる営業マン』として活躍していけるように、精進していきます。

全分野に精通した
社員に

業務部

内田 拓郎

2016年入社/酪農学園大学卒業

内田 拓郎

今年で入社2年目。現在、業務部運行課に属しています。
運行課の業務内容は、札幌近郊及び道内の建築・土木現場へ骨材と呼ばれる、砕石・砂・土類等をダンプトラックで配送を行う為に付随する業務全てを管理している部門です。
特に札幌近郊現場については、関連会社である札幌興産及び協力会社の車輌を1日に何十台も配送管理しています。
その中において私は配車業務を任されております。配車自体の役割としては「必要に応じて、車を割り当てて差し向けること」という単純明快なものですが、実際の仕事においては、現場環境や要望事項、天候や道路状況、エリア内での車輌運行状況等といった様々な要因を考慮し、組み上げていく事が必要とされます。
入社前に想像していた、淡々と作業するという事務職のイメージとは真逆で、非常にアクティブでクリエイティブな仕事に初めは戸惑う事ばかりでした。
配車業務の殆どは、ケースバイケースで正解のマニュアルなどはなく、どうすればお客様に満足して頂けるか、効率よく車輌を繰りまわせるかなど、常に自分で正解を模索し続けていく仕事です。その為、自分で出した答えで配車をした結果、上手くはまった時の達成感は他では味わえないものだと感じております。
まだまだ経験不足で、課題が山積みですが、 面倒見のよい先輩方に教わり、助けられながら勉強の毎日です。
求められる結果を出すために、そして何より自分が満足できる仕事をするため、いずれは全分野に精通し、「大豊資材工業に内田あり!!」と言われる様な社員を目指しています。

お客様の『ありがとう』が
励みです

業務部

長谷川 美咲

2016年入社/札幌大学卒業

長谷川 美咲

私は現在入社2年目で、業務部運行課に属しています。
私の担当している仕事は、電話による受発注作業や納品後の実績確認・報告業務、運送会社への運賃管理、売上・仕入先への請求処理等を日々行っています。
受注から手配、納品実績の処理まで一貫して携わりますので、自らの手で案件を進める責任感や、完結した際にはやり遂げた達成感が得られます。
他にも受付業務や接客応対などの業務も担当しています。
入社当時は建築業界については全くの無知で、耳にする専門用語の意味が分からず苦労することが多かったですが、反面、理解できた時の充実感はとても大きく、さらに上を目指すやる気に繋がっていきます。根気よく教えてくれる先輩方のおかげで、今では仕事にとてもやりがいを感じています。
また、仕事において一番大切なことは『信頼』だと思っています。一つのミスでお客様との信頼関係が崩れる事もあるので、何度も確認を重ね、とても慎重に仕事を進めています。時にはうまくいかず挫けそうになることもありますが、お客様から直接『ありがとう』の言葉を頂けた時にはとても嬉しく一番の励みになります。
まだまだ半人前ですが、これまで先輩方がお客様と積み上げてきた信頼関係を大切に、そしてさらに深めていけるようにと、ひとつひとつの仕事を丁寧にやり遂げる様に努力し続けていきます。

採用情報トップ

 

営業マンの一日


 

募集要項


 

Photo Gallery